即金で今すぐ5万円借りたい!消費者金融最短キャッシング法

今回は即金で5万円が必要!というようなすぐに金策をしなければならない時に役立つ消費者金融の豆知識と手順についてご紹介します。
特に学生の方は学校の行事や友人関係など、収入に対して出費の多いお年頃です。
いざという時のために迅速に解決できるように、頭の中に入れておくことをおすすめします。
本文でも学生が即金で5万円借りるにはというところに焦点をおき、解説していきます。

 

まず、お金がすぐに必要という即効性が求められる場合は、ネット申し込みが可能な消費者金融を探しましょう。
間違っても銀行のカードローンなどに申し込んではいけません。
基本的に銀行のカードローンは審査が厳しいうえに、手元に契約カードがくるまで時間がかかってしまいます。
それに応じて対応する口座を持っていなければ借り入れするまでロスが生じる事もありますので、急ぎの場合は消費者金融が良いでしょう。

 

さきほどネット申し込みが可能な消費者金融と言いましたが、これは24時間申し込むことが可能だからです。
実際に審査をしてもらえるのは会社の営業時間中ですが、基本的に申し込み順に手続きが行われるため、申し込む日時が早ければ早いほど良いのです。

 

また、ネット申し込みが可能な消費者金融でなおかつ実店舗型で手続きを進める事が出来るというのであれば申し分ないでしょう。
窓口よりもネットの方が早いという印象をお持ちの方も多いでしょうが、実店舗型の多くが、その場で審査結果を提示してもらえる上、無事に通れば借り入れすることも可能です。
つまり、ネットで申し込み、実際の手続きは実店舗で行うというのが緊急時には最速の手順ということになります。

 

この際に身分証明書、収入証明などの手続きに必要な書類を忘れてしまうと逆にロスになってしまうので注意しましょう。
営業時間内であれば、急いで借り入れしたい旨を消費者金融のカスタマーセンターなどに伝え、電話口で申し込み手続きをすると会社側での処理が大変スムーズになります。
なので、営業時間外であれば、ネット申し込み+店舗で手続き、営業時間内であれば電話口で相談+ネット申し込み+店舗と使い分けると即金を手にする上では有効です。

 

豆知識としては、借入額が高ければ高いほど審査に時間がかかりますので、本当に必要な少額だけを申し込みというのが急いでいる際にはおすすめです。
たとえば、50万円でも審査に通るが3日ほど時間がかかる、しかし、20万円であれば即貸付までできるというケースがあります。
そうしたやり取りも電話口で相談しなければ耳にすることすら出来ない可能性がありますので、なるべく営業時間内での申し込み手続きが好ましいでしょう。